アメリカ人口知能学会の公式ニュース(英語)

ディープラーニングの第一人者ジェフリー・ヒントン等の参加する協議会AAAIによる人工知能のニュースサイト。

 

科学技術白書

文部科学省が毎年公表する科学技術の動向についてのレポート。日本の研究者による論文の引用数が世界の中でランキングをおとしていること、博士課程入学者が減っていること、大学発ベンチャー企業の活躍と税制面からのサポートについて説明されている。


情報セキュリティ白書

基本情報処理技術者試験などを主催するIPA(情報処理推進機構)による、情報セキュリティについての年次レポート。会員登録してアンケートに答えないと閲覧できない。


ISO(国際標準化機構)

日本でもネットワークのOSIやISO27001(情報セキュリティマネジメント標準)などで知られる、情報産業や製造業に対して国際標準を作り出している国際組織のサイト。この組織の策定した国際標準の数は2018年末で22,467件にあがる。国際標準の取得は任意だが、スタンダードなテクノロジーマネジメントの在り方を学ぶうえで有益である。(英語)


IEEEアニュアルレポート(英語)

日本ではイーサネット(有線LAN)の規格IEEE802.3などで聞いたことがあると思われるアメリカの規格作成団体IEEEの年次レポート。例えば2018年版だと、インドで5G大規模導入が行われることなどを知ることができる。


JPCERT/CCによるネット観測情報

サイバーセキュリティについての情報を(経済産業省の委託も受けながら)収集する一般社団法人JPCERTコーディネーションセンターによるネット観測情報。四半期ごとに公表され、不特定多数あての発信がどれくらい、どこから出ているかの調査などを行っている。

 

パートナーシップオンAI(英語)

GAFAやソニー、非営利団体等が集まって社会とAIの関わりについて考えている団体「パートナーシップオンAI」のサイト。

 

生命の未来研究所(FLI)トップページ

スティーブン・ホーキング(故人)、イーロン・マスクがメンバーとして活動したことで知られる科学技術と生命に関する研究所。遺伝子操作や強力なAIの健全な使用をするには予め計画を作成しなければならない、という課題意識をもってレポートを発信している。

 

エネルギー白書

経済産業省資源エネルギー庁が毎年公表するエネルギーの利用と調達の実態と推移のレポート。現在では福島の復興と廃炉・汚水処理の計画及び進捗状況(東京電力提供資料も掲載)を冒頭に扱っている。そのほかには、地球温暖化対策の国際取組みの実態説明、2030年のエネルギー構成についての資源エネルギー庁の考え(原子力発電の増加を含めた構成。2019年には9基が稼働中という。アメリカは約100基で世界最大。ドイツは2022年に原子力0%を掲げ7基に減少中)、国土面積あたりの再生エネルギー導入量の国際比較(日本は2016年で世界8位。上位にはドイツなど)、電力活用の最新事例(工場や都市など)、日本のエネルギー利用の部門別推移(産業部門はGDPを落とさずにエネルギー消費を減少している)、再生エネルギー比率が10%にみたない日本と5%にみたない世界という2017年の電源構成、太陽光発電や風力発電の導入推移と発電コスト推移などが説明される。

 

Twitterの透明性に関するレポート

Twitter社がTwitterを運営するにあたって社会に約束している透明性保持に関するレポート。一つの巨大な情報テクノロジー企業がどのように社会と向き合うかを示したレポートであり、社会との公的な関わり方について優れた示唆になることと思われる。

 

Google Art

グーグルの提供する世界中のアートを閲覧可能なサイト。

    

インターネットソサエティのレポート

1992年から続く国際的な機関であるインターネットソサエティが毎年発行するインターネットの未来についての無料レポート。英語であり、Google翻訳の日本語も所々読みにくいものの、要点をつかむことが出来る。

      

マサチューセッツ工科大学のレポート集

全て英語でありGoogle翻訳は若干微妙であるものの、無料で公開されている多様なテーマにわたるテクノロジー動向レポート。